× 閉じる
× 閉じる

いいえ私は“インフル”の女№1

「インフルエンザの人」

あなたは誰かに紹介されるとき、なんと形容されていますか?

「あの背が高い人」それとも「あの仕事ができる人」・・・?

 私が人になんと言われていると思いますか?

特に知りたくもないと思いますが、あえてお答えしましょう。

 「YUKOさんといえば、インフルエンザですよね」

えっ?「インフルエンザの人」ってどういうこと?

私は薬剤師でもなければ、インフルエンザ菌を発見した人でもない。

「あのクールビューティ」とか「あの堀北真樹ちゃんに似た人」とかじゃないのっ?

私は耳を疑いました。

でも、そうなのです。人は私から「インフルエンザ」を想像するらしいのです汗。

 ストレスフルな毎日を送らせていただいているせいか、私は免疫力が弱い。

免疫力が弱いとおのずとインフルエンザに罹りやすくなる。

(今期も既にインフルエンザに罹りました涙)

しかも「印象に残りやすいところ」でピンポイントに罹るので、このような“微妙な称号”を得ることになったと思われます。

 音楽講師をしていた頃、クリスマス会の最中にインフルエンザを発症しました。もちろん普段なら休むところですが、あいにくこの日は合唱の伴奏があり帰ることは許されません。結局、私は“肺病にかかった女工哀史”の如く遠くの部屋に隔離され、出てこないようにカギをかけられた挙句、ようやく出番となり瀕死状態で「あわてんぼうのサンタクロース」を演奏したのです。

 ちなみに自力で家に帰るなど出来るわけもなく、迎えに来たダンナに車中で速攻移しました。インフル菌マジおそるべしっ!

 また、楽しみにして皆に言いふらしていた香港旅行の前日(キャンセル料は50%だった)や、中国の大学ではグループ単位で行う試験待ちをしていて「次が出番」というタイミングで突如発症したこともあります。

続く…

仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ! 仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ!
お気軽にご連絡ください。0800-000-3711 営業時間 9時~17時 お問い合わせ トップに戻る