× 閉じる
× 閉じる

「美女と野獣」と「女性の生き方」についての考察

    先日ヤボ用で車に乗って長時間移動したのですが、その日はFMの<「美女と野獣」実写版映画記念SP>だったようで、ともかく延々と「美女と野獣のテーマ」を聞かされたのです。特にディズニーに思い入れもない私ですが、数日たった今も無意識に「ビューティーアンドビ~スト~♪(そこしか聞き取れないのだから)」と口ずさむほど洗脳されてしまいました。

    その日20回目くらいの「ビューティアンド~ビ~スト♪」を能面のような顔で聞きながらふと、「もし呪いがとけた野獣が“イケメン”に戻らず、“うちのダンナ程度のルックス”になってしまったら、そのときの美女の心情は如何ほどだったろう」と考えてしまいました。

「キスされただけで即結婚してしまう」他力本願なプリンセスが多い中、「美女~」の主人公はしっかりと自分の意志を持ったレアなプリンセスと言えましょう。

  だから美女は心の中で、「私は外見にとらわれない、内心重視のイケてる女」という自負があったはず。それが“(うちのダンナレベルに)中途半端な戻り方”をされてしまうと、「ああっ、こんなことならいっそ野獣のままいてくれたほうがよかったわ涙」とアイデインティテイーがガラガラと音を立てて崩れていく気分を味わったのではないか、と思うのです。

   私たちは幼い頃から、白雪姫、眠れる森の美女などの“シンデレラストーリー”を見聞きして「洗脳」され育ちます。こんな“夢物語”を幼いころから聞かされてしまうと「いつか私にも王子様が・・・」と無意識に期待するようになってしまうと思いませんか?  では聞きますがみなさん、「お城に住む白馬にのった王子さま」はが来ましたか?来ませんね!そんなものはデウイ夫人のところにしか来ないのですっ!

   大体、ディズニー王子どもは「プリンセスの性格をまったく知ろうとせず、外見だけで結婚を決めてしまう」金持ちのボンボン揃い。王子にはぜひ自分の幼稚さを反省してもらいたい。外見だけ見て結婚してしまったら、「ぶっちゃけ性格があわない」とか「妻が劣化してきた」とか、色々な問題が起きてくるのです。これでは美貌のおかげで一旦幸せを手に入れたプリンセスたちも、加齢による劣化とともに浮気されたり捨てられたり憂き目にあう可能性が否めない。

ではどうすればよいか!

     例えば継母に家事を強いられてきたシンデレラ。「自分がおかれた環境でいかに成功するか」を考え、魔法使いに「さあ舞踏会にいきましょう~」と甘い言葉で誘惑されても、そんなパリピみたいな考えは捨てて、「まだ床拭きが終わっていないから結構!」ときっぱり断り、カボチャの馬車を煮つけるくらいの気概がほしいものです。

     そして後に「ピンチはチャンス!」のベストセラー本を出版、「情熱大陸」に出演するのだ! さらに、「雰囲気にのまれて即結婚してしまったプリンセスの皆さま」は、いままで掃除をしていた時間をスキルアップにあてるなり、「保険の窓口」に出向いて王子に掛ける保険プランを相談したりして積極的に将来に備えるべきではないか

・・・と、その日21回目の「美女と野獣」を聞きながら不毛なことを考えた一日なのでした。

仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ! 仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ!
お気軽にご連絡ください。0800-000-3711 営業時間 9時~17時 お問い合わせ トップに戻る