× 閉じる
× 閉じる

シゴトで人に褒められたい№2

新年あけましておめでとうございます。

忙しい時間を割いて、このブログを読んでくださる心優しい皆様、本年も変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い致します。

さて、先回の続き・・・

毎月15日には

私はあの「ジジジジ」と通帳記帳がされる音を聞くと、「ああわたくし今月も耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍んで頑張りました涙・・・」と、走馬灯のようにひと月が蘇り、ドワーッっとアドレナリンが出るのです。

 内心わかっていたのですが、結局わたしは「人の役立つ仕事をすること」よりも、「誰かに褒めてもらうこと」を求めていたんですよね。

 自分のシゴトを誰も褒めてくれないけれど、この「ジジジジ」という通帳記入の音こそが、唯一、そして誰よりも偽りなく「私をほめてくれる音」なのであります。

 皆さんも私のようにちょっと虚しくなったときは、ひと月に一度のこのスペシャルな「ジジジジ」をしっかり聞いてみてください。

その音こそ、ひと月の頑張り、我慢、煩わしさに耐えたあなたへの「偉かったね!」という褒め言葉なのです。

 ・・・・・そんなある日。

会社から帰ってきたダンナが「もっと会社の話ないの?」と突然私に聞いてきました。

なんでも、「(私の)会社の話が、同僚の○籐さんに大いにウケた。○籐さんはそれを奥さんに話し、“普段会話のない夫婦に楽しい話題を提供してくれてアリガトウ”と感謝していた」と言うのです(怒)。

“楽しい”話題・・・?

 冬季ウツに更年期、些細なことにキレやすくなっている私、「本日会社で起きたあれやこれや」をダンナに訴えることでウサ晴らしをしていたのです。

しかしうすうす気づいていました。“ツライ話”を聞いているはずのダンナの口元が、うっすら上がっていることに(怒)・・・。

 「よくわからんが、私のシゴトは少なくとも○籐さん(誰やねん)の役にはたっとるらしい・・・」なにやら納得がいかぬまま、今日もいつものように満員の名鉄に突入していくのでありました。

仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ! 仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ!
お気軽にご連絡ください。0800-000-3711 営業時間 9時~17時 お問い合わせ トップに戻る