× 閉じる
× 閉じる

年度初め「語学」の勉強はじめますか?№2

中国語がもう一つの世界を見せてくれる

先回の続き・・・

私は語学が好きなわけではなく、仕事が終わったら「もう中国語なんぞ見たくもないわ」と思う人間ですが、それでも中国語自体は好きなのです。中国語が私に「もう一つの世界」を見せてくれるからです。

日本にいる中国人の同僚はみんな日本語堪能。でも、仕事中に若い同僚と中国語で会話していてふと気づくと、その同僚は椅子に座り足を組んでいる。そして同じ同僚と日本語で会話をするとき、彼女は緊張気味にピシっと姿勢を正しているのです。「なんで?」と理由を聞いてみると、「日本語のときのジェ(※お姉さん)より、中国語で話しているジェのほうが親しみやすくて好きだから」と言うのです。

自分でもうすうす気づいていました。中国にいた自分と、日本で生活している自分の性格はなんか違う。そして中国語を話している自分は、普段の自分より開放的で伸び伸びしていることに。

日本語の、他人を思いやるが故の「行間を読む」表現がそうさせているのかもしれません。

この年にして新たな自分を発見したような、ちょっとしたパラレルワールド気分。

(イングリッシュスピーカーのみなさんはどうですか?)

私は中国の大学で、日本人・韓国人駐在妻グループで日々行動を共にしていました。我々の“なんちゃって中国語”でのおしゃべりは尽きることなく、だから今も私の発する中国語は滅茶苦茶なのですが、それでも中国語という「共通ツール」がなければこのような時間は持てなかったわけで。テレビで愛憎渦巻く中国版不倫ドラマも楽しめなかったわけで。

そんなわけで、「勉強はしたくないけれど、まあ、過去に中国語を勉強してよかった」と思っているのです。

今年は語学をはじめますか?きっとその先には未知の世界が待っている、と思います!

最に、将来中国語を使って仕事をしてみたいと思っている(いるのか?)あなたに一言。

「中国語の勉強より、突然トンデモないことを要求されたり言われたりしても、ストレスを感じない鋼のメンタルをもて!」と、アドバイスをして締めたいと思います(涙)。

 

仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ! 仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ!
お気軽にご連絡ください。0800-000-3711 営業時間 9時~17時 お問い合わせ トップに戻る