× 閉じる
× 閉じる

オペレーター・技能職

オペレーター・技能職とは実際に製造現場で製品の加工を行う仕事です。現在ほぼ全ての製造業の現場で生産設備・機械が導入されており、こうした機械設備を使うことによって製品を加工していく仕事をオペレーター・技能職と呼んでおります。ただ、会社によっては独自の呼称を用いたりすることもあります。大量生産品の製造の場合は、多くがルーティン業務で、定められた手順に基づき作業をしていきます。手順が定められてはいますが、一定のスピードで作業をする必要があります。一方で、決まりきった仕事だけを求められている訳ではないことにも留意が必要でしょう。

「匠の技術」や「職人技」といった表現のされ方で「モノづくり」が脚光を浴び、しばしばマスコミにも取り上げられるようになってきましたが、ほぼ同じころから、オペレーターの方に品質・納期・コストに関わる改善を評価する仕組みを導入するメーカーも増えてきました。良い評価を得ることが昇給や昇格に繋がるといった人事考課制度の整備を進め、働く方のモチベーションを上げてもらおうといった動きもすっかり定着しています。例えば、大型設備を備えての大量生産工場の場合、会社全体でのモノづくりの業務が細分化されていくことが多く、従って、上流である設計部門が製造現場での不具合点や問題点などに気が付きにくい傾向にあります。そういった場合に、設計者など上流部門へ改善の提案を行うことがあります。また、ちょっとした工具や部品の置き場を変えることで作業の無駄を排すことが可能となり、工数低減を実現することもコスト削減のひとつでしょう。実際に最前線でものづくりに携わるため、本人ならではの気づきによる改善提案などが期待されます。

具体的な職務詳細は以下のような内容になるでしょう。

  • 生産準備、段取り
  • 部品や材料、副資材の投入
  • 機械や設備の操作
  • 組付けなどの実際に手を使っての手作業
  • 製品の梱包や出荷
  • 5S、改善提案、QC活動

小規模な会社の場合は、オペレーター技能職以外にも、様々な仕事を任されることもあります。

  • 工場運営
  • 生産管理
  • 在庫管理、入出荷
  • 保全
仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ! 仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ!
お気軽にご連絡ください。0800-000-3711 営業時間 9時~17時 お問い合わせ トップに戻る