× 閉じる
× 閉じる

印刷・出版・クリエイティブ

印刷業の仕事をごく簡単に表現すると、「顧客から依頼を受けて、あらゆる印刷物の企画や制作を専門的に行い、印刷して顧客へ納品すること」となります。「印刷物」といってもその種類はさまざまで、具体的には以下のようなものを扱っています。

  • 書籍や雑誌など一般に市販される読み物
  • パンフレットや社内報など企業で利用されるもの
  • 名刺、挨拶状、封筒、製品のカタログやマニュアルなどビジネスで利用するもの
  • チラシやDMなど販促で利用されるもの
  • チケットやカードなど金銭に関わるもの
  • ポスター、カレンダーなど大判のもの
  • 市販商品のパッケージ
  • 特殊印刷(金属・ガラス・プラスチックなどにプリントするもの)

一般的な印刷会社の工程は、営業担当が顧客より聞き込んだ要望・情報から、デザイナーやライターがデザインやキャッチコピーなどで企画し、パソコンを使ってレイアウトされた具体的なデザインから印刷していくために必要な「版」を作成します。近年では、この作業まですべてパソコンを使って行われるようになってきました。「版」は印刷工場にデータとして送られ、指定された紙とインクを使用し、機械を使って印刷していきます。その後、製本・加工工程として、印刷された紙から、断裁や丁合いといった製本加工を施して、実際に商品として納品できる形へと仕上げていきます。

こうした印刷の工程には、様々な職種が関与し最終的な製品を産み出します。「編集者・ライター」といった職種もありますが、最近ではフリーランスや業務委託などの契約形式で仕事をするケースが多くなっているため割愛し、ここでは「クリエイティブ」の職種をいくつか見てみましょう。

クリエイティブ

クリエイティブな職種には、おおまかに「デザイナー/クリエイター」と「ディレクター」があります。モノとして形になるデザインについては、広告物をはじめとする紙関連のデザインを手掛けるグラフィックデザイナーや、商品のパッケージデザインなどを手掛けるプロダクトデザイナーなどの職種があります。デザイン志向の強いWEBサイトの制作もクリエイティブな仕事と言ってよいでしょう。経験を積み、顧客や社内・関連する取引先と調整交渉ができるようになってくると、「ディレクター」としてデザインなどのクリエイティブ領域のディレクションを行います。クリエイターに向けて指示を出すため、デザイナー出身の人がこの立場になるケースが多いでしょう。

なお、WEBサイトデザインには、ユーザーインターフェイスを手掛けるUIデザイナー、サイト全体を構築するUXデザイナーなどの職種もあり、また動画やゲームといったクリエイターの職種もありますが、弊社では「IT・通信・コンピュータ関連」の職種としています。

仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ! 仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ!
お気軽にご連絡ください。0800-000-3711 営業時間 9時~17時 お問い合わせ トップに戻る