× 閉じる
× 閉じる

生産管理・ロジスティクス

生産管理部門は、生産計画に基づき製品を予定どおり出荷する役割を担います。製造業において、顧客或いは営業部門から発信・展開される販売計画に基づき、生産から出荷に至るまでの必要な体制を整え、管理する仕事です。

製造業では、必ず製品の納期が設けられますが、製造部門は期日に遅れることなく納品できるよう、製品の生産を進めなければなりません。そこで、生産管理が部品や原材料の調達から工程の管理、出荷まで行います。また、生産計画数に合わせて、人員配置や出勤時間(シフト)を決めることも行います。短期的なサイクルでいうと、生産管理のミッションは、こうした生産に必要となる要素の調達から、完成形となる製品の出荷まで、円滑に滞りなく回すこととなります。一方で、中・長期的には工場の部品受入や製品置き場・荷造り・出荷エリアの整備、運送業者の選定や価格交渉、在庫数量減少への取組、改善発表会や構内安全や事故防止などへの取組があります。

生産管理は納期遵守の最後の砦ではあるものの、コストや品質にも目配りしながら短期~長期の現場運営を行います。時には、工程や設備ごとのキャパシティ、品質状況、収益性のために、営業部門へ販売数量やスケジュールの見直しを要求することもあります。もし、生産計画通りにいかない事態が発生したときは、状況を判断して適切な対応を行う一方、「バッドニュースファースト」精神で顧客に状況を伝えることも必要です。品質問題を組織的に隠ぺいすることで、顧客の信用を失墜させてしまった事例がありましたが、納期に関しても起きた事態を正しく把握し、状況と対策をできるだけ早期に伝えることが重要になります。

生産管理部門は、「人手不足」「サプライチェーンの複雑化」「生産の海外移転」「製品のタイムリー供給」「残業時間の低減」「在庫の適正化」といった観点からも重要性がより高まっている職種と言えます。

仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ! 仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ!
お気軽にご連絡ください。0800-000-3711 営業時間 9時~17時 お問い合わせ トップに戻る