× 閉じる
× 閉じる

生産技術・工程設計・機械設計

生産技術・工程設計

生産技術の仕事とは、短い言葉で表現すると生産ラインの設計・改善・撤去新設などの管理をすること言えるでしょう。生産ラインとは、素材・原材料・部品から製品が完成するまでの一連の流れのことです。要求される品質の水準に達しながら、無駄のないように生産を行います。生産技術の担当者は、モノづくりの司令塔のような役割を果たします。

業務範囲は幅広く、例えば新しい生産ライン設置の事業がスタートすれば、使用する設備を検討・導入し、稼働テスト、量産までを行います。生産ライン設置のプロジェクト推進に際し、品質、納期、安全や環境の制約のもとで、収益性(生産性)も考慮しながら、最適な姿を求めていく役割を担います。場合によっては、生産技術の上流部門である製品設計へも意見を具申することもありますし、協力工場との連携を考えて決めていくこともあります。また、工場の生産現場や保全部門と設計者、ユーティリティなどの工場施設管理担当者、設備メーカー、場合によっては工程監査に来社される顧客との間でのコミュニケーションの中心的な役割を担います。

量産開始までは、製品を世に送り出すことに主眼を置く場合もありますが、量産以降も、生産設備の状況を把握し改善や問題を発見し対策を検討します。品質、納期、原価は時にそれぞれ相容れない場合があり、営業・品質保証部門や原価計算を行う部門、納入責任を持って行う製造・生産管理部門との調整は必須です。

最近増加した自然災害による工場被害で生産が止まるなどの大きな問題が発生したときは、事故処理や復旧作業などを先頭に立って行うこともあります。当然自社(のサプライチェーン仕入先~お客様まで)を理解し、生産への影響を最小限に食い止めるため主体的な働きが求められます。

機械設計

上記生産技術や工程設計者は、どちらかというと生産工程の総論を形成する役割となりますが、機械設計者は各論担当者と言えるでしょう。現代の製造業は、昔のように機械さえあれば商売ができる時代ではなく、如何に自社での付加価値を高めるかを競うことを求められます。そこには、これまでの製造業の当たり前だったことを新しい機械によってブレイクスルーするといったイノベーションが必要で、多くの機械設計者がこれまでとは違う、より良い機械を世に出すために努力をしています。

仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ! 仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ!
お気軽にご連絡ください。0800-000-3711 営業時間 9時~17時 お問い合わせ トップに戻る