× 閉じる
× 閉じる

購買・調達

購買・調達の仕事とは、自社製品の製造に必要な資材(材料原料や部品)や日常業務において必要な機械設備や備品、文具や用度品など、企業活動において必要となるあらゆるものを仕入れる仕事と言ってよいでしょう。仕入れる対象はハードに限らず、ソフトも対象となり得ます。ただ、仕入対象範囲は企業によって異なります。例えば、日常的な社内備品の調達は総務部門が担当したり、数年に1回のような大型設備の調達は、生産技術部門が主導で担当したりすることもあります。

購買・資材調達の仕事は、特にメーカーおいては大変重要なコスト競争力向上に関する役割を担うことになります。原価に占める部品・材料費の多寡によって利益が大きく左右されるためですが、部品費・材料費をコストカットすることで、企業の利益確保に貢献することができます。ただ、当然調達先の営業部門とはせめぎ合うことになり、交渉になることが多いですが、買う側が常に強い訳ではなく簡単な仕事ではありません。「ここからしか買えない」状況になれば、当然売り手は強気になって来ます。売り手側のコスト構造となる部品原材料や加工費管理費などを丹念に紐解き、粘り強く交渉することもあります。

一方で、単にコストだけではなく、納期管理と品質管理も重要なミッションとなることも少なくありません。自社製品の生産計画に基づいて、必要な資材について必要な量を、必要なタイミング、で購入することが重要であり、納期より大幅に前倒したりするのも保管面積や品質劣化への影響があるため良い買い方とは言えません。こうした、コストだけではない、品質と納期を満足できる買い方を構築していくことが、購買調達の仕事の要諦です。

仕入れ先に対する仕入窓口としての機能以外で、例えば、品質問題や災害発生時などの供給納期調整や事業継続計画などにおいて指導や助言を行うこともあります。今後は、仕入先を巻き込んだ環境対策の業務も増えていくことでしょう。

具体的な職務詳細は以下のような内容になるでしょう。

  • 仕入先の開拓・選定(コストや品質などのレベルを把握)
  • 供給体制(自社の必要数を仕入先は供給できるか)
  • 価格交渉
  • 納期管理
  • 仕入れ先への品質管理指導
  • 仕入れ先へのコストダウン指導
  • 仕入れ先の各種認証の取得の指導やサポート
  • 買い方・購入方法の改善

小規模な会社の場合は、購買調達の業務以外にも、周辺の仕事を任されることもあります。

仕事の幅を拡げる意味で、ご自身のキャリアに蓄積にもなります。

  • 受け入れ検査
  • 入出庫や在庫の管理や処理
仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ! 仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ!
お気軽にご連絡ください。0800-000-3711 営業時間 9時~17時 お問い合わせ トップに戻る