× 閉じる
× 閉じる

新卒就活の「ガクチカ」、転職では「ホコジツ」?

「ガクチカ」という言葉を聞いたことがありますか?

 新卒就活時の面接ではお馴染みの「学生時代に力を入れた事は何ですか?」という質問の略語であるらしいのですが、コロナ禍による様々な活動の制限のため、「ガクチカ」を問われてアピールできる経験が乏しく、学生たちが困っているそうです。

 そういえば、数年前に大学生と就活に関して関わる機会があったのですが、「就活のためにボランティアやサークル活動、資格取得に励まないといけない」と言っていたので、こんなに売り手市場なのに今の学生は大変だなと思った事を思い出しました。

 では、転職時だと「ガクチカ」が聞かれないかといえば、やはり面接では同じ様な事を聞かれます。「現職での誇れる実績」「改善や効率化で会社に貢献できたと思える経験」「仕事での成功体験」などでしょうか。やはり中途採用でも、ルーティン業務だけで勤務時間を過ごしてしまった方より、+アルファの働きが出来る方を採用したいと思うのは当然だと思います。

 事務系一般職として働く方については、なかなか「誇れる実績」を作る事は難しいと思うかもしれません。ですが、改善業務や効率化であれば、日々の業務の中でやりにくさを感じる業務、ミスが起きやすい業務、とても面倒くさい業務など、いくつかの「問題点」が見つかると思います。それをそのままにせず、改善案を探し上司に提案していけば、その積み重ねで「誇れる実績」になっていくでしょう。

 企業が、学生にも社会人にも採用面接で聞きたいのは、「日々をなんとなく過ごしてしまっているのか、それとも目的意識や課題意識を持ち、それを達成または改善するために主体性を持って行動できたのか(出来る人なのか)」なんだと思います。

 全ての人に時間は等しく与えられますが、与えられた時間を無駄にせず、有意義(学生の場合は、『自分のため』でもいいと思います。社会人の場合は自分のためだけよりも『勤務する会社に貢献できたか』が評価されるでしょう)に過ごす事が出来る人なのかどうかが重要だと思うのです。

 

 

仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ! 仕事さがしを応援!事務・技術系の求人多数。お気軽にご相談ください。岐阜・愛知の求人ならサイジンシャへ!
お気軽にご連絡ください。0800-000-3711 営業時間 9時~17時 お問い合わせ トップに戻る